免許合宿のメリットとデメリット

免許合宿にはメリットとデメリットの両面があるので、利用しようと思っている人は事前によく考える必要があります。
まず免許合宿のメリットとしては、短い期間で免許が取れるということがあります。

安心できる免許合宿関連情報を紹介しています。

AT車限定の免許なら2週間くらいで取れてしまいます。
通学の場合だと1ヶ月以上はかかりますから、非常に短期間での取得が可能です。

また短期集中して学習を行うので勉強の効率もいいといえます。



短期間に一気に勉強するので、習ったことを忘れにくいというメリットもあります。
それから、免許合宿の場合は授業の時間割が全部決まっていますから、技能教習の予約を自分で入れたりする必要がありません。

すでに予約がいっぱいで教習を受けることができないというような事態も避けることができます。



また、ちょっとした旅行気分を味わえるのも合宿のメリットです。


友達といっしょに参加すれば、かなり楽しいひと時を過ごすことができます。

しかし、免許合宿にもデメリットはあります。

まず、短期間で免許を取れることの裏返しでもあるのですが、合宿に参加するためには、まとまった休みが必要だということです。
最低2〜3週間の休みがないと参加できません。ですから、社会人などはなかなか厳しいです。

それから、自分のペースで勉強ができないというデメリットもあります。予定がきっちり決まっていますから、それに合わせて勉強を進めていかなければいけません。


通学型だと自分のペースでできますが、合宿ではそうはいきません。しかし自動車教習はそんなに難しいものではないので、そんなに心配する必要はありません。